カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2009 - 11  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.151614秒


食祭WAKAYAMA’09
皆さま、こんばんは。







明日、23日(勤労感謝の日)


「食祭WAKAYAMA’09」




和歌山城にて行われます。

お天気が少々心配ですが、明日はどうやらお天気になりそう。
ちなみに小雨決行です。


時間は10:00から16:00まで。





私どもからも 専務と料理長が出動予定。


13:00から二人による 「お笑い&歌のオンステージ」!!







・・・・・はございません。



「100名様限定 サイン&握手会」!!








・・・・・もございません。



満を持しての「鯛のコラーゲン鍋」 を400名様分ご提供!!!


鯛のうろこから抽出した純度100%の良質コラーゲン。


これをおいしいお鍋に致します。






おヒマなら~来てよね♪

| hiina | 23:28 | comments (x) | trackback (x) | ホットなニュース |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

紀伊風土記の丘
皆さま、こんばんは。



またまた深夜です。笑

早く寝ないとお肌に悪いわよ!・・・ハ~イ、ご心配どうもありがとうございます。



今日は「紀伊風土記の丘」をご紹介したくて。

行って来たのが先月ですが、よろしければご覧ください。

「紀伊風土記の丘」は総面積65万平方メートル・・・と言ってもぜんぜんぴんとこないでしょうが、山ひとつ分くらいの中に古墳がたくさん点在しています。


入り口に続く美しく整備された道。


まずは、全体図を把握。結構広いな・・・ちょっと心細くなる。


入ってすぐに竪穴式住居を復元したものが。



コースはふもとの資料館からえっちらおっちら一周して約1時間30分。


こんな古墳がた~くさん。
古墳って、要するに昔の方のお墓よね・・・それを考えると少々不気味になる・・・。




なにせ山の中ですから、もちろん勾配が急な部分もところどころあり、途中呼吸が辛くなるほどの運動量。あんなにヒーヒーハーハー言うたんは何年かぶりでした。運動不足を再認識しました。

山道以外はいわゆる手付かずの自然のまま、多くの樹木が茂り四季折々の自然に包まれた、山一個が史跡公園という感じのとてもいいところです。
おいしい澄んだ空気が細胞のすみずみまで行き届く感じ!



ただ、女性一人ではちょっと怖かったのは事実。
すれ違う人も少なくて、男性とすれ違うときはめっちゃ警戒してました。
もしなんかあったらこうしてこうやって・・・なんてシュミレーションしながらひたすら歩きました。笑



やった~!頂上付近に到着。裾野に広がる景色がよく見えます。





ワタクシは田舎育ちですので、こんな山道を走りまくるのが大好きでした。
春には蕨や蕗をとりに母とよく山へ登り、秋には友だちとアケビを取りに行き、収穫の楽しさを知った本当に大切な楽しい思い出です。
というより、今から思えば特殊な空間に大切な人といること、それがとても嬉しかったのかも。


無心での山登りはとてもリフレッシュできます。

ちょうど秋晴れの今の時期は紅葉も始まりとてもいいのではないかな?


ただし残念ながら体力が必要&足の悪い方には不向きです。



和歌山には優れた自然がたくさん!

自然に触れることは脱日常で心身ともにとてもいいですよ。

ぜひ行かれてみてくださいね。

| hiina | 01:14 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

つれづれ日記です
皆さま、こんにちは。


深夜です。

今日は内輪の話をしましょうか。


一般的に旅館のお料理の原価率は宿泊費に対して20%くらいが理想と言われています。もちろん朝夕2食分です。

経営者として原価率はもちろん低いに越したことはありません。
しかしながら、海の前の旅館で原価を下げることは結構大変なことなのです。
ご存知のとおりお魚はお野菜より値が張る。加えて漁村の旅館とくれば、否が応でも活きのいい魚介類への期待は高まる、ただ100%お応えしていてはこちらが成り立たない。
ですからお客様の期待を裏切らないようぎりぎりのところでの商売になります。

そこで、料理長の手腕が問われるところ。
不景気だからと今までのやり方を覆すような手法では逆に客離れを引き起こします。
今は我慢の時。
ありがたいことに、まだ30代ですがアイデアも腕も管理能力もキレる素晴らしい料理長に恵まれ、お料理に期待してお越しいただくお客様も着実に増えてまいりました。

また、その他には大きな割合を占める人件費、光熱費や広告宣伝などの固定費。税金・・・。
細かくはお客様の歯ブラシに至るまですべてお金がかかります。
本当のところ、支出が多くて収入などわずか・・・。

私どもは平均宿泊単価が15,000円ほどの小規模旅館。
不景気といわれる現在、平日の客室稼働率は情けないほどの数字です。
施設にしても躯体自体は昭和の建物、古さをカバーするためにリニューアル工事を繰り返して、時代への対応に苦慮しています。
そして、施設は多少難ありでもお料理の質は下げずにリーズナブルな料金設定をして、さまざまなお客様へ発信できるようにしております。

たいていのお客様はこちらの台所事情をなんとなく理解なさっているのがわかります。
情報がすぐに手に入る時代ですから十分予習されていますし、何より同じ働く人間として好意的に見てくださる暖かい方ばかり。
中にはこの若輩者を助けてやろうと、本当に親身になった貴重な意見をいただくこともあります。

ただ、少数ですがまったく想像力を持ち合わせてない方もいらっしゃるのも確か。
そういう方ほどとても厳しいご意見をいただき・・・正直ヘコみます。
ぎりぎりの線での値段設定、その中で精一杯のお料理と設備・・・どうぞご理解くださいとお願いしたい。

これは、おそらくどこの旅館さんでも声を大にして言いたいことです。



このように旅館ホテル業界というのはなかなか大変です。
和歌山は倒産率が全国ワースト1位だとか、不名誉な事実もあります。

すべてのお客様にご満足いただくことは叶いませんが、そうであろうと一生懸命にがんばっているのは上を見ないと後退するばかりだから。

常に学び上を目指すから社会も発展する。自分も磨かれていく。
生きる ということは結局そういうことではないでしょうか。


| hiina | 00:11 | comments (x) | trackback (x) | マジメな旅館のお話 |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆