カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2006 - 01  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.134057秒


旅館の役割


皆様、こんにちは。お元気でお過ごしですか?

お正月からもう半月も経ってしまったなんて、ホント時間は早く流れるものですね。
このメルマガを始めて約半年、読んでくださっている方が増えてきているようで、ご来館いただいた際「女将日記見ました」とよくお声をかけていただいております。拙い文章をお読みいただき心よりお礼申し上げます。

特に昨年の12月16日分の内容についてはご意見を何件かいただきました。実際、このように問題が露見することは氷山の一角であって、道ばたの石ころのようにごろごろと転がっていることなのでしょう。そして石ころであれば誰もが気づかずに、または気づいたとしても素通りしてしまうか、更には蹴飛ばしてどこかに落っことすか・・・

昨今増えつづけている凶悪な犯罪の根底にあるものは、人間関係の希薄さだと感じます。
欲しいものは何だって手に入る物質的に豊か過ぎる生活、より早くより軽くより小さくを求めて技術は日々進歩し、それは当然人間関係さえも簡略化する傾向に進んできました。
今まさにボディブローのようにじわじわと、しかし着実にダメージを受け始めている状態にあると思います。

昨晩、たまたま自殺願望の強い人たちを集めての討論番組をテレビで見ました。
リストカットを習慣にしている少女、集団自殺のサイトの常連、見ていて強く感じたことは、「この人たちは誰よりも強く“人”を必要としている」でした。それなのに悲しいかなおそらくコミュニケーションの取り方自体が解からないのです。それは人と向き合えない、向き合わなくても生きていける時代背景の中で生まれ育った犠牲者でもあるなと思いました。すぐさま自殺に繋げるのはあまりにも短絡的すぎるとは感じますが、なんなく壁を乗り越えられる人がたくさんあるように少しの段差にもつまづく繊細な人もいて当然でしょう。

旅館においても景気が良かった頃の団体主導のものは流行らなくなり、個が中心のいわゆる“旅館でおこもりして癒される”がおもてなしの最先端のキーワードであるかのようになりました。
極力、人との関わりを絶ち、丸々一日中部屋でのんびりとお風呂に入ったり本を読んだり、テレビを見たりしてお部屋から一歩も出てこないお客様。

そして、受け入れる旅館側もプロ意識の少ないアルバイトを雇ってのお部屋出しではない食事処でのサービスに始まり、お客様が帰れば掃除する者だけを手配すればいいから楽です。
コミュニケーションも何も必要としないのが気の利いた宿の代名詞なのですから、人件費削減のためにそれは好都合な風潮でした。

でも、物質的には豊かでも心が殺伐としたこのような世の中が健康な状態にあるとは到底言え得ません。最後に残るのはお金でも他の何でもない“人”であると私は思います。
なぜなら“人”との関わりあいなくしては人は生きていけないからです。

今後、社会全体が正常なコミュニケーションの見直しを重要課題に掲げると思います。
「旅館として何をすべきか」。私たちが今後取り組まなければいかない課題は「人と徹底的に対峙する旅館」なのかもしれません。しなやか且つ強い柳のような古い仲居さん、若くまっすぐで凛としたかわいい仲居さん、うちにはいろんな仲居さんがおります。どうぞ、声をかけてみてください。そして“人”はいいものだと実感できるのが本来の旅の姿だと確信いたします。

今、一番日本に必要なのは「温故知新」ではなく「温新知故」になのかもしれませんね。


| hiina | 17:06 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

あけましておめでとうございます


皆様、明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情にあずかり、心よりお礼申し上げます。
また、新しい年も引き続きご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

“一年の計は元旦にあり”。「よ〜し。今日はニコニコ笑って一日過ごすぞ!」と朝、決意したにもかかわらず、イカッてしまったダメな私・・・あ〜あ・・また今年も何だか幸先悪いな・・とすでに初反省しています。

子供の頃、お正月は必ず両親と兄弟たちと家族揃っておとそをいただき、お雑煮とおせち料理で朝食をいただくのが楽しみでした。その日ばかりは羽織と着物でびしっと決めた父と、お雑煮のおだしの香りと白い湯気、お正月の特別な空気にわくわくとても幸せを感じたものでした。毎年恒例で父は一年の抱負・誓いを私達1人1人に尋ね、そのあとお年玉をくれました。

今から思えば、「家族」という世の中の最小で一番身近な集団の中で、規則や個々の役割をきっちりと教えてくれた両親に感謝しています。
盆と正月しか休まない仕事人間で、曲がったことが嫌いなとても厳格な父ですが私は長女だからか父の性格を多分に受け継いでいるようです。
涙もろいところも短気さも、お調子者のところも引っ込み思案なくせに目立ちたがりやの矛盾した部分も。まあ、これはこれでしかたあるまい・・すぐに反省する性格も素直でよろしい。と開き直るところもちょっと・・・皆さんも自分自身性格のコントロールが不能になるときがありますか?私の今年一年の課題は“感情コントロール”です。
怒りのオーラが出ている私を見つけたときは、「ちょっと!出てるよ」と注意してくださいね。

今年最初のメルマガ、ご要望多し(と勝手に思ってます)なので私のだんな様について書こうかなと思いますが、、、いいですか?NOでも書きますけど。

まず性格は正反対です。お互いの弱点?を補って生きています。つまり、最高の組み合わせで成り立っております。と私は勝手に思っておるのですが・・その真実はいかに?

彼は単純であり・・ハイ、私とは逆。お酒に弱い・・ハイ、逆。子供のような・・ハイ、これも逆。
まだ付き合っていた頃、彼の部屋を訪ねたときあまりのスゴさに気絶しそうでした。どうスゴイかって、まだ見ぬ生物が発見されそうな部屋。あの部屋を面白半分で再現し、住宅展示場に並べて商売したいくらいです。
でも、ふつーにおもろい。笑いのセンスはないのに素でおもろい。
例えばいつでもどこでも寝ます。そして、まるで誰かに喋っているかのような寝言。突然「おい、その金魚どうするん!!」とか、めちゃくちゃ怒りモードで「ちゃうちゃう!(違う違う)そんなコップですくえへんやろ!」とか・・・一体何をすくうのでしょうか、おとーちゃん?
とにかくすごくハッキリと大きな寝言を言うので私は毎回大笑い。ホント、楽しい時間をどうもありがとう。

こんなことばかり書くと(未承諾のため)本人にしかられそうなので、彼の名誉のためいいところもあります、と書きます。
まず、ヨン様を一発飛び蹴りしたような男前です。旅館の旦那衆や知り合いに和歌山のヨン様と呼ばれ、お客様のマダムたちにもたまに騒がれて、本人はまんざらでもない様子。
あ。でも調子に乗るから皆様くれぐれも言わないようにお願い致します。
また、仕事の面においては、猪突猛進型の私と違いよく考えて行動する慎重でお利口な人です。あらゆる方向から考えるので決断が遅くていらいらする時がありますが、最終的には上手くいくのでそこはさすがだなと思います。
そして、何より最強の強運の持ち主。だって私という伴侶を得たんだも〜ん(^o^)丿

では今回はこの辺で終わります。新年早々ある意味、おめでたい(頭が)話題でスミマセン。

新しい年が皆様にとって素晴らしい一年でありますように。
今年も一年どうぞよろしくお願い致します。


| hiina | 16:11 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box