カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<  2007 - 11  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.096348秒


ざこば師匠
皆様、こんにちは。

またまた御不沙汰してしまいました。ブログ形式に変更して不慣れなため悪戦苦闘してしまいました。
これで、写真をいろいろ載せることができますので、ますますいい情報を皆様にお伝えできると思います。
楽しみにしていてくださいませ!

さて先日、桂ざこば師匠がドラマ撮影のためご来館くださいました。芸能生活40周年と還暦のお祝いを兼ねて、ご自身の半生を描いたドラマとのこと。
私どもの旅館自体はロビー周りのほんの少ししか映りませんが、客室のひとつを控え室にされ2日に渡り、ご滞在されました。テレビで見るよりとても小柄な方でしたが、あの特徴のあるのお声はそのままで印象的でした。
たまたまいらっしゃっていたご昼食の団体様がいち早く気づき、すぐまわりに人が集まりましたよ。

関西テレビにて12月8日(土)14:30頃から放送されるそうです。ぜひご覧下さいませ。
ざこばさん、ありがとう
ちなみにざこば師匠の右側がわたくし、その隣が最近メタボリック気味の主人、一番左が知佐ねーさんで~す。

| hiina | 18:30 | comments (x) | trackback (x) | ホットなニュース |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

加太も冬支度を始めました
皆様、こんにちは。

とても嬉しいニュースです。皆様「ゆこゆこ」という温泉施設情報誌をご存知でいらっしゃいますか?夕刊などでよく紹介されているのですが。
こちらの口コミアンケートで当館が総合評価「西日本で1位」にランキングされました。今現在は2位ですが、本当にありがたく嬉しい事です。
「ゆこゆこ」さんとはもともと旅行会社勤務でいらっしゃった社長様が創められた会社だそうです。しくみは「ゆこゆこ」の会員登録をされると定期的に情報誌がお家に送られ、ご覧になった会員様が予約デスクに電話され、宿泊施設にご予約成立、という形になっています。

さて、お得意のぶっちゃけトーク、致しますと・・・こういった予約仲介代理店(とでも言いましょうか?)や大手、中小の旅行代理店はたまたインターネットなどの旅館予約サイト、様々な旅行雑誌など、旅館へのご予約というのは多種多様な経緯を経て成立致します。
そこには、全て「リベート」「バックマージン」「紹介手数料」なるものが発生致します。これは健全な社会の需要と供給、当たり前のことです。が、皆様、幾らぐらいのお値段かおわかりになりますか?おそらくこの世界に携わらないと見当もつかれない事と思います。
じつに、高いところだと宿泊単価の25,5%です!!例えば10,000円のご宿泊代に対して2,550円のリベートをお支払いしなければならないわけです。要するに単純計算で私どもの宿泊売上は差し引き7,450円です。そこから料理原価、水道光熱費、タオル歯ブラシ等のアメニティ類、そして一番大きい人件費、様々な税金を捻出するのです。すると、残る費用は僅か・・・旅館業とは、かくも厳しい世界なのですよ。とほほ・・・

昔ながらの旅行代理店をご利用になるお客様は最近は高齢化してきているなというのが率直な印象です。お若い方はパソコンを使ってご自分で自由にお探しになります。
ただ、旅行代理店の良さというのは、やはり「対:ヒト」という“信頼”に尽きます。この旅行代理店、この支店のこの担当者さんに任せておけば間違いがないだろうという信頼です。
人に対し信頼を寄せてご予約いただくお客様には当然こちらの気持も引き締まります。

インターネットの予約サイトでのお客様は、基本的にお話されるのがお得意じゃないのかな、電話の方が早いのに・・と思うことがしばしばあります。
特にとても細かい打ち合わせやご依頼など電話の方が断然早いこともあります。もっともっと電話でお話いただきたいと思うのです。

当方の立場として一番歓迎するのは、電話やメールでの直接のご予約です。
わざわざ私どもをご指名でいただくお客様は本当にありがたく何ものにも変え難い特別の存在、せっかくいただいた1本の電話のありがたみを無駄にしないよう努めなければと予約スタッフにも話しております。

私は常日頃殆どの時間フロントにおります。
もっともっと、「ここがダメだったからこうしなさい」「あそこは良かったから続けていった方がいいよ」どんなことでもいいのでご滞在中に思っていらっしゃることをお話いただければとても嬉しく思います。
あ、でも誰が若女将かわからないとお客様によく言われます。理由は社員と同じ制服で仕事をしているからなのですが、最近これは少し反省。
私もこの間誕生日を迎えとうとう30歳代最後の年となりました。来年は不惑の年。迷いばかりに支配されている毎日ですが、そろそろ社員と一緒になってがっついて動いていてはいけないなとしみじみ思うこの頃。
お客様に叱られながら、謙虚に一歩ずつ成長していきたいと思うのです。人間、幾つになっても叱られて頭を打たれないと成長は無いですものね。

最近、加太の海もようやく冬の支度を始めたようです。
風も強く冷たくなってまいりました。前の大波戸ではイワシや鯵がさびきでよく釣れています。皆様温かい格好でお出掛けくださいませ。




| hiina | 09:42 | comments (x) | trackback (x) | マジメな旅館のお話 |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box