カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2011 - 05  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.1474秒


生徒のあじさい
皆さま、こんにちは。




当館の裏口に置かれているあじさいがこんなに育ちました。







毎年2月の寒い時期、加太観光協会では「日本一のあじさい園」を目指し、加太森林公園にあじさいを植樹しております。
協会員と地元の有志、そして加太小学校の生徒さん約50名が、加太のきれいな山、海、川を維持していこうと願いをこめながら作業致します。

ありがたいことに、加太小学校の先生方の教育方針は明確です。
地域素材を学習に生かしながら、人々との交流を大切にし、加太の「ひと・もの・こと」に主体的に関わっていく豊かな体験活動を推進されています。

その取り組みのひとつとして、生徒たちが学校で植えたアジサイの鉢植えを、加太のいたるところのお家の軒先に咲かせる活動もされています。

当館の裏の出入り口にも、2年生の男子生徒の名前が書かれた鉢植えがひとつ。


それぞれの鉢には子供たちひとりひとりの一生懸命な願いが。







願いが通じるのか、苗木からいつのまにか背丈が80センチほどに青々と育ちました。
聞けば、実は大女将がこっそり?肥料をあげているとのこと。さすが、母上!



梅雨の時期には可愛い花を咲かせそうです。
今から、とても楽しみです。



| hiina | 15:15 | comments (x) | trackback (x) | ホットなニュース |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

大切な人たちへ
皆さま、こんばんは。



ゴールデンウィーク、終わりました。

たくさんのお客様にご来館いただき本当にありがとうございました。

慌しい中のご来館でご迷惑をおかけしたこともあったかと思います。この場をお借りしましてお詫びとお礼を心から申し上げたいと思います。

連日満室続きの中、スタッフ皆々も疲れたことと思いますが、本当によく頑張ってくれました。ありがたいことです。
ただ接客スタッフ、大きな失敗もありました。
お客様にはなんとかご迷惑をかけずに済んだものの、今後の反省も踏まえ連帯責任ということで、今朝早くから自主的に全館の畳拭きを申し出てくれました。

正直なところ、ワタクシ個人的には失敗したからといってペナルティを与えるようなことは大変愚かなこと、という考えです。なぜならそこに「前向きさ」を感じないから。
「臭いものには蓋をしたらいい」というやり方では、実際のところ本当に目指す接客ができるとは到底思えません。でも接客スタッフたちがせっかく言い出した事、敢えて静観しておりました。

そして作業終了後、ミーティングの輪に加わり、ワタクシの率直な意見を伝えましたが、あらためて“言葉”ってムズカシイ。
自分の思いをストレートに言葉にすることさえ上手くできない自分が歯がゆい。
考えを巡らしながら慎重に選びながらも、それでも的確な言葉が出てこず傷ついている人がいるかもしれない、そう思うと怖くなるほどです。


ワタクシ自身、一般企業で8年の会社員生活を経て結婚しました。
まだまだバブリーな景気の良い時期でしたから人並みにOL生活を謳歌して、いい同僚にも恵まれ今から思えばとてもいい会社だったと思います。ただ、それでもすべてが満足であったかと言うと全くそうではありませんでした。当時はやはり不平不満がありました。会社を離れるとお酒を飲みながら愚痴のオンパレードの日々もありました。

ただ、乏しい経験の中での未熟な人間ですが、少しばかり先輩としてものを言うなら、働くということ、というよりも生きるということ自体、自分の個としての可能性を磨く作業なのだと思います。それは一生かかっての壮大な作業です。ただ何となく時を過ごすほど退屈で無駄なことはないように思います。
きれいごとに聞こえるかもしれません。けれど誰しも人の役に立ちたい、もっと能力のある魅力的な人間になりたい、そう思っているはずですから。

そしてもうひとつ、他と自分を比較することほど無意味で不幸なことはありません。
自分自身を客観視して評価することを忘れ、不平不満のネガティブシンキングからは決して成長の芽が伸びることなどなく、そこに幸せが舞い降りることはないでしょう。

また、経営者としてではなく「女将」として意見を言うなら・・・ごくシンプルなのです。
こちらの都合ではなくお客様の立場に立ってお客様の目線で、本当に喜んでもらおうとひたむきに頑張っているか?苦しいときにこそ自分を律する力があるか?
それが接客として楽しみを見出せるか否かの「鍵」になっていることに気が付くことが幸せの近道だと思うのです。

そして楽しみが見出せると同時に、仕事のミスも極端に少なくなると思います。
キラキラ輝くかどうかは結局は自分自身の力なのです。


誰しも楽して生きたいですよね。ワタクシもそうです。しかしながら人間一人では生きられない。人としての輪の中で揉まれ悩みながら時を過ごすのです。
ならば、同じ生きるなら前向きに明るく清く正しく美しく生きるほうが絶対に勝ち人間!です。

人間万事塞翁が馬、ワタクシもまだまだこれからが学びの人生です。
もっともっとスタッフの心に寄り添えるよう努力していく必要があります。
ともに頑張ってまいりましょう。


| hiina | 20:17 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

日本って素晴らしい
皆さま、こんにちは。


一昨日のことです。
日帰りの入浴にいらっしゃった女性のお客様が困り顔でフロントに来られました。
お聞きすると、着替えの下着やブラシ・タオルなどを入れたナイロン袋が無くなったとのこと。貴重品は鍵つきのロッカーに入れられていたので無事でした。
状況を丁寧にお伺いすると、盗難などという物騒なものではなく、おそらくどなたかが自分の荷物と間違えて持ち帰ってしまったと思われました。
「もしその方から連絡があった場合はすぐにご連絡致しますね。」とご住所などをお尋ねし、その日はひとまずお引取りいただきました。

そして、一晩明けて昨日のこと。
30代と思われる女性から“どなたかの荷物を間違って持ち帰ってしまった”、とのご連絡があり、ホッと一安心。思ったとおり故意ではなく、不注意を何度も詫びられ、本当に心優しいいい方でした。

そして、今日、その荷物が丁寧にきれいな字で書かれた手紙が添えられ当館に帰ってきました。
「着払いで結構ですのでお送りください」とお伝えしたにもかかわらず、送料をご負担いただいて。


その手紙をここでご紹介したいと思います。



大阪屋ひいなの湯様

この度は、大変ご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。
小さい子供がいて、素敵な露天風呂に大喜びで入浴に時間がかかってしまい、急いで片づけをしていて、自分のものと同じようなスーパーの袋に服を入れていたものですから、てっきり自分のものと思い込み、確認もせずにバッグに入れて持ち帰ってしまいました。
帰宅後、同じようなビニール袋が二つ入っていてビックリして電話をさせていただきました。
せっかくの連休で楽しいはずが、お客様のほうには大変不快な思いをさせてしまい、謝罪のお手紙とお詫びにランコムのマスカラを同封しましたので、お荷物と一緒にお返しいただけますか?お手数をおかけしてしまい申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

夜に主人に事情を話したら、急いでいたからといって許されないことをした、旅館の方にも大変な迷惑をかけてしまっている、と叱られました。
本当に旅館のほうにも、信用問題に関わる事件になってしまったことと思います。
本当につまらないもので申し訳ありませんが、お詫びのしるしに皆様で召し上がってください。

10年前より夫婦二人で釣りが好きで、加太によく行っていて、何度か日帰りで利用させていただいていました。子供ができて年に一度くらいになってしまいましたが、もうすぐ3歳になるのでまた行かせていただきます。
本来なら出向いてお詫びすべきですが、仕事がありお送りさせていただく失礼をお許しください。申し訳ございませんでした。



すぐ感動してしまうワタクシ、胸が詰まり途中から涙で字がかすんで読み進めることができなくなりました。


もし海外なら、“簡単に取られるようなところにおいておく人間が悪い”、そう判断されるでしょう。
ところが、持ち帰った女性はすぐに電話を下さり、お詫びの品と丁寧なお手紙まで添え、迅速に送ってくださった・・・女性はもちろんのこと、だんな様もとても素敵な方だろうと本当に胸が熱くなりました。


この度の東日本大震災で、このような未曾有の惨事のときでも略奪やけんかが起きず、常に相手を思いやり助け合う日本人の姿に海外から驚きと賞賛の声がたくさん寄せられました。

「人に迷惑をかけない」「不愉快な思いをさせない」「心配をかけない」

私たちが当たり前と思われることが海外ではそうではない。
日本では子供のころからごく自然に教育されている秩序、これはとてもとても素晴らしいことなのです。
お手紙を読みながらそのことを強く感じました。

日本人だからこそ、得ることができるこのような素敵な体験に心から感謝するできごとでした。
日本人で良かった・・・そして和のこころを紡ぎ繋げていく旅館というお仕事を誇りに思いつつ、ガンバろう!そう思います。

| hiina | 17:46 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box