カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.108142秒


Tさまファミリー
皆さま、こんにちは。




梅雨が明けきらぬうちに大型台風が日本列島に熱風を運んできています。


昨日までの二日間、石川県にセミナーのため出張でしたが、加賀温泉駅のホームに降り立った瞬間何事かと思うほどの暑さ。

聞けば日本海側は37度の異常な気温だったそうです。

梅雨もいやですが、これから待ち構えている暑さを考えるとげんなり致しますね。

避暑地に逃げ出したいところです。

皆さま、水分補給しっかりと。

家の中でも熱中症には油断大敵ですよ。



さて、久しぶりに我が家の大切なお客さまのご紹介です。

かれこれ7年前からお越しいただいているTさまご家族。

年に2回のペースで必ず、通算14回ご利用いただいています。

最初は3歳だったお孫さんのまこちゃんもただいま小学校3年生。

その間、何度も心のこもったお手紙をいただきました。






読んでいるうちに鼻の奥がつーーーん、涙腺崩壊警報発令です。

とても素直でしっかり者、一生懸命に一文字一文字書かれたきれいな字と内容でよくわかります。

何が嬉しいかって、幼かったお客さまが逢う度に成長してくださっている、このことほど嬉しいことはありません。

まこちゃん、いつもありがとうlove

毎年毎年絵も文字も上手になっているね。

背がグンと伸びたね。

会話の受け答えがしっかりとしてきたね。

昔は残していたお子様ランチもあっという間にきれいに完食してくれたね。



まこちゃんにとって我が家はきっと大切な場所のひとつと思ってくれていることと思います。

私も小さい頃、仕事人間の父が年に一度だけ連れて行ってくれたレストランのことが忘れられませんもの。

必ず頼んだAランチ、違うものを頼めばいいのにそれでよかった。

いや、それがよかった。

いつも変わらぬエビフライもピラフもプリンもまこちゃんにとっては特別なものなのだと思います。

こうして私どもが楽しい記憶の役目を担っていることにただひたすら感謝です。


ちょうどこのタイミングで、昨日受けたセミナーでご講演された社長さまがおっしゃったことが蘇ります。

「お客さまは持たれている時間を楽しい思い出に変えるために旅をする」

当たり前のことですし、宿としては基本的なことですが、ちょっと胸に沁みた言葉でした。



小さなゲストからの胸が熱くなるお手紙はスタッフたちのやる気の源です。

宿としての責任をしっかりと受け止めて、大きな笑顔に変えられるように頑張らないとと思います。

Tさまファミリーさま、ありがとうございますハート




これからも末永くよろしくお願いいたします。

| hiina | 14:32 | comments (x) | trackback (x) | ひいなファンの元気なお顔 |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box