カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2024 - 04  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.150235秒


つぶやき
皆さま、こんばんは。





女将業につきすでに17年になる私ですが、どんなに一所懸命にやってもたかだか17年。

そんな半端な時間では一生どうしても埋められないものがある。


それは・・・旅館に生まれ、旅館で育ってきた方々との経験値の差。




経験に裏打ちされる行動ほど確実なものなどないわ。勘とかセンスとか。

言うならこういうお仕事ほどデーターやマニュアルなんかなんの肥料ににもならないとつくづくビンビン感じるわ。

DNAから女将に・・・あーー、と思う・・・疲れてくると憧れと憔悴、そしてため息。

これがすらすら出来れば日本旅館も安泰なのにな。





若おかみ、今日は愚痴ですか?


違います。



未来の私へのエールです。


て、ことで。




| hiina | 19:59 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

こんなことがありました
皆さま、こんばんは。


昨日、私のFBに届いたメッセージは揶揄する内容でした。
敢えて内容は公開しませんが、青天の霹靂、驚きましたし悲しい気持ちになりましたし憤りも感じました。
そのメッセージに対し、冷静に感謝の意を添えて返信すると、今度は皆さまが目にするフィードの中に更にびっくりな誹謗中傷のコメントが。そのまま残そうかとも思いましたが削除しました。その方、肩書きは「代表取締役」なのですよね。
私や私が挙げる内容が気に入らなければスルーすればいいだけのこと。FBそのものを履き違えていらっしゃるのではないかと思います。もちろん、即、ブロック致しました。

今でも忘れられないのですが、8年ほど前にこのおかみブログに対し酷く陰湿な被害を受けた経験があります。
コメントは別のサイトまで及び更には幾人もの見ず知らずの人を巻き込み広がり続け、精神的に本当に疲れ果てて激ヤセしました。
そのとき、助けて下さったのが人格者でとても頭の切れるご常連さまでした。こちらがお願いしたわけではないのに、私の代わりに第三者の目線で理路整然としかも穏やかに応戦を繰り返して下さいました。ご自身には何ひとつ得がないどころか、無駄で子供じみた痴話喧嘩の仲裁を自ら買って出て下さったのです。こんな素晴らしい方に支えられて今があります。今も感謝の想いしかありません。

フェイスブックには様々な方がおいでです。
何らかのしがらみを省けばオトモダチを選ぶのも自由、離れるのも自由。だからこそ個人の責任と判断で選ばなければなりません。気を付けなければと感じました。

さて、今日もほぼ満室のお客様、ありがたい。いい出会いもたくさんいただきました。
怒らず嘆かず腐らず、大きな心で笑って生きるほうが楽しいに決まっています。がんばります!

いつも拙いブログを読んで下さりありがとうございます(*^_^*)
これからもどうぞよろしくお願い致します。




| hiina | 19:52 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

お花見
皆さま、こんにちは。




三寒四温とはよく言ったものですね。

寒さと暖かさの繰り返しで体が気候にうまく馴染みません。

皆さまもくれぐれも体調を崩されませんよう。




旅館は常に季節を先取り、追い越しての仕事。

先々のことばかり考えていると、月日が瞬く間に過ぎてゆきます。気が付けばもう桜の時期。

東京はすでに満開とのことですが、和歌山は来週半ばくらいが見ごろとなりそうです。




ワタクシ、今朝はひとりで早めのお花見。

・・・と言っても桜ではなく、社屋の裏においている鉢植えの椿がとても綺麗に咲いたので。


ね、綺麗でしょ?









ほんの少し前は固かった蕾、ふわっとほどけて触ると柔らかくて赤ちゃんの肌のよう。

これだけで、しばしの癒し。ちっちゃいけど大きな癒し。

花って、すごいです。




今年は桜、見にいけるかな。

息を呑むほどの艶やかで色っぽい桜もいいけど、刹那に狂い咲く恐怖すら感じる桜、そんな桜に出会いたい。

そう、初恋のような激しさの。



そして、やはり・・・花見酒ね(笑)


| hiina | 12:50 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆