カレンダー
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 01  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.141476秒


問題点 その2
皆さま、こんばんは。






ところで「旬魚旬菜 あくら」を本格的に使っていくための路線上でどうしても必要なのは”人材”の確保。


数日前にハローワークに数名の求人を出しました。


○フロント兼お食事処サービス

○雑務



やはりこのご時世、一日に数件の問い合わせがあります。

ありがたいことと思いつつも、実はえ?と疑問に思うこともしばしば。



電話によるハローワークの係員からの問い合わせ・・・たとえば・・・・。

「勤務時間について確認されたいそうですが、たとえば夜勤などが急に入ったりすることはあるのですか?」

「お酌を強要されることはありますか?」

「簡単な経理、パソコン操作とありますが、具体的にどのような業務ですか?それは付き添って教えてもらえるのですか」







なるほど、旅館というのは未知の世界で不安なのかも・・・と情状酌量の気持ちを踏まえても・・・・

「何をなまぬるいことを!!」

と思うのはわたくしだけなのでしょうか?

個人的にはそんなことわざわざ聞いてくるような生半可なスタッフはいらない。面接するだけ時間の無駄です。

実際、そういう方を採用したとしてもいろいろ理由を並べてすぐに辞めてしまいます。




そうそう。

先日の幹部会議のとき、ある幹部社員が言ったひとこと

「みんなしんどいんよ」

それを聞いた時も頭から湯気があがるほどに腹が立った。


(しんどいって?しんどくない仕事ってあるのですか?あるのだったらぜひ教えてほしい!)

(そんなことわかってるわ!でもそれをあなたが言っちゃあかんでしょ!)




確かに仕事探しは選ぶ権利がある、リサーチも必要かもしれない、でも最近職探しされている方みなさんに言えることは「アマイ」のです。こんな世の中だからこそそういう人があふれてくる。

「何でもやりますから!」

ってやる気さえあればこちらはぜひお願いします!っていう気になりますよ。

楽していたら成長は絶対にないでしょう。もっともっと貪欲に生きなきゃ、なんとな~く仕事して、なんとな~くご飯食べて寝て、人生なんとな~く終っちゃうよ。




そうならないために、生きるには「目標」が必要なのだと思います。



縁あってウチで頑張っているスタッフ。

しんどいのを取除いたり甘やかすのが私たち幹部の仕事ではなくて、なるべく負担に感じないように効率を考え筋道をつけ、しんどくたって(仕事はしんどくて当たり前)やりがいを持たせるように、キラキラ輝けるように導くのがわれわれの仕事なのだと思います。



とにかくチームワークで成り立つのが旅館。

ひとつのマイナスはすべての印象を悪くします。


だからこそ、みなのベクトルが同じである必要があるし、ひとりひとりが互いを思いやれてこそお客様にも最高のサービスができるのだと思います。


そして、ひいなの湯はそういうスタッフを求めています。























| hiina | 23:01 | comments (2) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆

コメント
けいちゃんさま

コメントを読んで泣きました。
これを書いている今もまだ泣けてきて視界がぼやけます。
なんと私は幸せな人間なのでしょうか。
神様に力をいただけるなんて、なんと幸せな旅館なのでしょうか。つらいこともたくさんあったけれどもすべてが帳消しになりますね。
ほんとにありがとうございます・・・!

ぜひ機会がありましたらお子様とお越しくださいね。おチビちゃんたちの記憶の片隅に私どもが残れたら嬉しいです。

責任の重さを痛感しながら、元気をいただいたコメントに心から感謝申し上げます。
皆さまのお幸せを加太の空の下、いつもいつも祈っております。
| ひいなの若おかみ | EMAIL | URL | 10/05/03 21:09 | v2PgVsXQ |

今から6年前婚前旅行でお邪魔しました。
お互いが忙しいのをかいくぐって一泊二日のとても楽しい旅行でした。
前日の夕餉ででた鯛のおつくりのあらで作って頂いたお味噌汁をしっかり」と味わい、二人で淡島神社へぷらぷらとお参りしました。
彼女は「元気な赤ちゃんをたくさん授かりますように」とお願いしていました。
帰りの車中で「ほんとに楽しかったね。絶対また二人で行こうね。」と話してほんわかとした気分で帰ったことを懐かしく思います。


それから6年後

立て続けに本当に元気な赤ちゃんを2人も授かり毎日がすごく賑やかに暮らしています。本当に幸せな毎日です。

・・・・・でも、二人で過ごしたひいなの湯での時間がたまらなく懐かしくなる時があります。
もう少しチビ助達が大きくなったら
| けいちゃん | EMAIL | URL | 10/05/02 19:22 | AuqtOq0Q |


コメントする









若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box