カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2024 - 05  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.191452秒


夫唱婦随・・・改め?
皆さま、こんばんは。


たまに言われるのですよね。

「ねーねー。おかみさん。いつも思うんですけど、だんなサマと四六時中ずっと一緒ってすごいですよね。どんな感じなの?」


いつも思うって・・・アナタ。
すごいですよね・・・・って言われても・・・。
どんな感じ・・・・って言われても・・・。

ワタクシにとっては結婚当初からごくごく自然なことでしたから。
一緒にいて一緒に商売していれば、そりゃあね、ときどきめちゃくちゃ派手なケンカもしますよ。
いっぺん生たまご投げたことありますもん。(笑) 
理由は昔から一度やってみたかったから。(笑) 
ヘタに器用なもんだから、おでこにストライクでした。あとはどうぞご想像あれ。

以後、主人の得意の語り草になってしまって・・・飲み屋でのオカズの一つにされている。
どうも世間では恐妻家で通っているらしい。心外なのである。


でも。いつもこう答えるのですよ。
「ワタクシはおとーちゃんがずっと傍にいなあかんねん」
リップサービスっていうヤツですな。


で、その最愛の夫は今日から3日間、東京出張。

でも昔は確かに、主人のため子供のためと思い仕事をするのが嬉しかった。
近年になって違ってきたのは私自身のための仕事になってきたということ。
ワタクシも自立したわけです。



だからというわけではないけど、
今夜はどうやって羽を伸ばそ?うしししし。


| hiina | 18:51 | comments (x) | trackback (x) | そのほかのこと |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box