カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 1.410556秒


マキコさん
皆さまこんにちは。




今日は芸能ネタを。

女優の江角マキコさんが引退されました。

テレビやネットではいろいろなことを言われています。

マスコミからの発信を100%信じる人なんて

おそらくいないとは思いますが

私個人的には江角さんを好きでした。

だからとても残念です。


今日はいいお天気でした


さむ~い日没






人が耐え難い誹謗中傷を受けたり

それにより不本意にも生きる道を変えなければならなかったり

もちろん本人にも責任がないとは言えませんが

人気が商売とはいえ

噂とは怖いものだと思います。



もう10年近く前でしょうか。

いつものように新聞を読んでいて

江角さんが寄稿された記事をたまたま目にしました。

仕事とはまったく関係のない部分で

ひとりの女性として寄せられたものでした。

へーーーと思い好感を持ちました。

自身のご家族のことを書かれた「家族」というタイトルのその記事は

家族への愛に満ち溢れた内容でした。

読み終えて彼女が好きになりました。



今回の引退報道でそれを思い出して再度読みたくなり

ネットで探しました。

若くして亡くなった父のことと

そしてその父と同じく30代の若さで亡くなった弟のこと。

前のときもそうでしたが読みながら涙が溢れました。

弟さんの残した幼い3人の子どもたちとともに

これからもしっかりと生きていくという決意。

そして何気ない当たり前にやってくる毎日への感謝。

聡明でとても美しい文章です。

深い悲しみの中に力強さを感じますが

上手く書こうなどという下手な虚栄心が微塵もない

心の中にスッと入ってくる

彼女の人柄そのものなのだろうと思いました。

そして華やかに見える女優の顔の裏側で

たくさんの悲しみを背負い生きていらっしゃること

とても共感し勇気づけられました。



ここにそのままを載せたいのですが

おそらく転載したらマズイのでもし興味がある方は

「江角マキコ 朝日新聞 寄稿」で探してみてください。

ぜひ読んでいただきたい。


確かにまっすぐで正義感が強いあまり

ときに自分の意思を貫き過ぎたり

他人にもそれを強要したり

変に誤解を生むところがあったのかもしれません。

でも真実ではない事が

自分の掌のなかで治まらず

どうにもならないことの無念さ。

卑劣な力に対抗できない無念さ。

ただの憶測かもしれませんが

私はあんな文章を書く人が週刊誌で言われているようなことを

するはずがないと思っています。

そう思っているファンもいるのだと。

強く生きて幸せになっていただきたい。



記事の終わりにはこう書いていらっしゃいます。

 今日がある――。こんな当たり前のことが私たちにとっては、幸せです。

開いて置いてある窓辺の本が、そよ風でページがめくられるような何げない毎日。

幸せなことです。






私もいまあるこの時間に感謝しないと。

笑顔で丁寧に生きていこうと思います。


| hiina | 16:45 | comments (x) | trackback (x) | 日々便り |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box