カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.653202秒


成人式
皆さまこんにちは。





年末にいただいた大きな梅の枝が満開になりました。

かぐわしい香りに一足早い春を感じています。











今日は長男の成人式でした。

雪がしんしんと降る寒い夜に陣痛が始まり

丸二日痛みと闘いやっと、やっと、産まれました。

本当にあっという間の20年でした。

病気もせず大きくなってくれてありがとう。


スタッフからは「高校生やな!」とからかわれがーん







こんな稼業のもとに生まれちゃって

父も母も忙しいから

小さい頃から甘えることも知らずワガママひとつ聞いたことがない長男。

両方の祖母や周りの方々に大きく育ててもらいました。

本当に感謝です。





自分に立ち返ってみると

私の家は特に裕福ではなかったけれどとても幸せでした。

今だからこそ気が付くことですが

日常にはいつも歌がありました。

私たち兄弟は母の口ずさむ歌声のBGMの中で育ちました。


お台所に立っているときも洗濯物干しているときも

お掃除しているときもずーっと懐かしい昭和のオンパレード。

決して上手いわけではなくどちらかといえば音痴で

ときどき音程が外れるたびに

みんなで笑いながらツッコミを入れてもいくら注意しても

まったく意に介さずずっと外れたまま歌っている。

天真爛漫に明るい人ではないけれど

いつも飄々としていて自分の役割を楽しく生きている人でした。

同じ女性として今だからわかりますが

言葉を変えればとても「強い人」であるとも言えます。



私がたまに鼻歌を歌いながら用事をしていると

子どもたちはなんだか嬉しそうです。

じつは歌が担う効果ってすごいんです。

それだけでその場が明るくなるんです。

だから世の中のおかあさんたちに提案。

ココロにいつも太陽をと言うけれど

日常にいつも鼻歌を・・・も大切ですよ。笑

何より自分が楽しくなる。

母も持って行き場のない大変さを歌声でかき消していたのかな。

雑然といろんな音に溢れている毎日ですが

母の歌声がいちばん。

もっといえば鼻歌を歌う母を愛している父がいるからこそ

家庭はきっと円満なのです。



母のように飄々と楽しげに生きられたらなー。

と最近は思うけど

ガツガツ生きることも好きだからしょうがない。



連休の日曜日。

今日もたくさんのご予約です。

がんばってまいります!

| hiina | 15:30 | comments (x) | trackback (x) | 日々便り |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box