カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2019 - 06  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.091408秒


雨の思い出
皆さま、こんにちは。




朝から雨の和歌山市です。


君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて
水のトンネル くぐるみたいで しあわせになる


チャゲ&飛鳥は名曲を数々この世に送り出したなぁ。

許されない事情とは解ってはいながらも彼の才能は素晴らしいと思うし、とてもとても残念で淋しい。


今朝の大浴場






しっとりと雨に萌える山々、アスファルトを湿らせる独特の匂い、今では雨が好きになりました。

でもこれまでは何ひとついい思いをしなかった。

長男が小学校に入るまでの6年間は旅館から車で10分ほどのマンション住まいでした。

バタバタと支度をし、休むことなく雨の日も嵐の日も幼い子どもたちを連れて出勤しました。

でも2歳違いで二人目、三人目が生まれると私にとって雨は恐怖に変わりました。


片手にクーファン(赤ちゃんを入れるカゴ)を下げ、まだ首も座らない赤ん坊を濡らさないように必死に傘をさし車まで走りました。

その間「ここでじっと待っててね、動いたらあかんで」と念を押し、マンションの玄関にまだ幼い長男と娘を待たせて。

気が気ではないまま車から慌てて戻ると、少し不安そうな表情でちょこんと二人でおとなしく待っている様子に全力で愛しさを感じたものです。

そして、今度は娘を抱っこして運び、最後は長男の手を引いて・・・。

これがタイヘンでしかない雨の思い出。



3人とも手のかからない子たちでしたが、一度だけ私のイライラが伝わったのかベビーチェアに座らせた娘と次男が突然泣き出したことがあります。

子どもって本当に敏感です。

「ごめんごめん、もうちょっと我慢してね」と運転席からあやしても火のついたような大合唱は止まない。

ぞーさん、ぞーさん、おーはながながいのねー

負けじと大きな声で童謡を歌ったらさらに泣く、やぶ蛇(笑)

運転しながら情けなくて私も一緒に泣きました。



思えば子どもたちが幼かった頃は今とは比べ物にならないくらい苦労の連続だったなぁ。

旅館の旅の字も知らない、慣れない環境にどうして自分ばかりといろんなことを恨んだし、逃げ出したくなった。

臨月のお腹で汗だくで何十人分もの器を洗い、冷蔵庫のような冬場の厨房でひとりで十数人分のまかないを作り・・・

いろいろあったけど、何よりもお客さまにご満足いただけないことが一番つらかった。


朦朧としながら思うようにならないと子どもたちを叩いたりもしたなぁ。

後悔と反省の連続。

でも今だからわかる。

子どもたちがいなかったら乗り越えられなかったこともいっぱい。

辛くて悔しくて涙が止まらない日も、子供たちの寝顔にどれだけ助けられたことでしょう。

沈んでいると必ず3人が走り寄り黙ってぎゅーーっと抱きしめてくれました。

その柔らかいほっぺたにどれだけ癒されたことでしょう。

今では知らん顔してテレビ見てますが(笑)。

あ、時々は肩を揉んでくれるか。


おニューの携帯電話のケース
ピンクゴールドと大ぶりビジューが大人可愛いでしょ?❤







当たり前のように過ぎていく平凡な一日は、二度と来ない過去をつくる積み重ねの大切な一日。

いつの間にか家族の中で私が一番小さくなり、大変だったいろんなことが懐かしい思い出になっていることに気付いています。

文字通り、止まない雨はないですね。

がんばった証。

願わくば幼かった時分のあどけない子どもたちにもう一度会いたいな。




さて、ご夕食タイム。

元気に行ってきます!


| hiina | 17:09 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box