カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.096827秒


ワカッタコト
皆さま、こんにちは。


この3ヶ月間。

人間、時間があるとろくなこと考えませんね。
普段なら絶対にしない、消えかかっている記憶を無理やり引っ張り出す作業を繰り返ししたりする。

でもこの3ヶ月は決してムダではなかった。解かったこともあるから。


引きこもり・・・?のような状態になるといろんな方が心配してくださって、いわゆる成功のハウツー本やきっと胸に響くだろう格言などをプレゼントしてくださる。

「運命を変える言葉」「あなたに幸せな奇跡がいっぱい起こる本」「幸せが雪崩のごとく起こる本」「成功と失敗の法則」「女性の品格」・・・等々。


本当にありがとうございました。
全部読みました。本を開いたのは最近になってようやくですが。

友が寝込めば少しでも励まそうとわたくしも同じことをしたと思います。
けれど、自分がこうなってはじめてわかることですが、素晴らしい格言も魅力あふれる文面も憂う者の前ではなんの意味もなさないということ。
「自殺するならその前に死ぬ気で頑張れ」なんて陳腐な正義も硬くなった心を溶かすことがないということ。

真っ暗な深い海の底で光を知らず一生を終えるものは、目も耳も退化していてもそれはそれで幸せで、でも光のまぶしさ暖かさを知るものは、真っ暗な闇でひざを抱えながら光の大切さを疎んじるのです。

ヒトはやはり一生孤独で、だから助け合って生きていくのですね。
もう少し優しくなれるような気がします。


そういえば、他の人はどうかわかりません。私だけかもしれませんが、小さい頃、なんでもない平凡な日常生活のなか、不思議な感覚を味わうことがたびたびありました。決して霊感があるわけではありません、逆に無縁です。

う~~。具体的にうまく説明できないのがもどかしいのですが。

例えばテレビを見ているとき、家族と楽しく食事をしているとき、兄弟で遊んでいるとき、関連性がないいろんな場面で「あれ?この人たちっていったい誰なの?なぜ私はここにいるの?何をしているの?」という妙に冷めた漠然とした不安感が突然襲ってくるのです。
たった一人で異空間にポンッと置かれたような。
その頃から、知らず知らず「ひとり」ということを意識していたのかもしれません。


今までまったく人に話したことはなかったのですが、これはわたくしだけでしょうか?
同じような経験がある方はいらっしゃいませんか?


今日の和歌山はめちゃくちゃ暑くなりそうです。
梅雨明けも間近ですね。

皆さま、どうぞお健やかに一日をお過ごし下さい。


| hiina | 09:26 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box