カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<  2019 - 12  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.097277秒


バナナの思い出
皆様、こんにちは~(^_^)


最近、バナナダイエットなるものが、流行っているらしいですね。
朝食にバナナを1本食べるとみるみるうちに痩せるのだとか。

テレビの番組で取り上げられると、もう翌日にはスーパーのバナナが品切れ状態。
ほんまに「右に習え」の国民ですね。(^_^;)

それでも、痩せると聞けば、ちょっと試したくなるのが人情ってもの。
わたくしも日本人のハシクレ、へっへっへ・・・ちょびっと試してやろうとバナナを買ってきましたがな!

されど、バナナ一房5~6本、買い物するにもかさ張るし重いし結構大変なのです。
それに、子供たちに食べられたら2日ほどでなくなるんだもん。とうてい続くわけない。
「おかあさんのやから食べるな~!」なんて子供じみてて言われへんし・・。
ほんまに3日坊主で終わりました(>_<)とさっ!ちゃんちゃん!


バナナといえば、決まって思い出すことがあります。
小学校5年生のときのこと。

わたしのふるさとは、滋賀の琵琶湖の北部、冬は豪雪地帯になるド田舎です。
小学校も1年から6年生まで全て一クラス、ずっと同じ仲間と机を並べての6年間ですから、皆とても仲が良かった。
今でいう、「いじめ」らしき深刻なものもなかったなぁ。


で、クラスに必ず2~3人はとても大人びたしっかり者の女の子がいますよね。
Yちゃんもその内の1人でした。
Yちゃんは年の離れたお姉ちゃんとお兄ちゃんがいる末っ子、そのせいで5年生なのにお料理は上手、手芸などのお裁縫も上手。落ち着いた喋り方、物腰や考え方が既にオトナでした。


ある日、給食に1人1本ずつのバナナが出ました。
その日、私もYちゃんと数人で給食当番をしておりました。
その中の1本がモンキーバナナのように小さく、しかも固くて色も何だか茶色でいかにも不味そう。
どう見ても不良品でした。

そのバナナの存在を知ってか知らずか、あえて誰も口に出しません。無言の中に「誰がこれを食べるか?」とお互いちょっとけん制している空気がありました。
私も「どうしようかな」と気にしていましが、何も言いませんでした。

その時。
Yちゃんが、なんにも言わずサッとそのバナナを机の下に隠したのです。
もちろん自分が食べるために。

まだ子供の5年生の私は想定外のYちゃんの行動にビックリしました。
自分が犠牲になることなど考えもつかなかったからです。

Yちゃんは結局だれにも言わずにそのB級バナナをそっと食べました。


甘くおいしいはずのバナナの思い出。
あのときのYちゃんへの尊敬、それになんだかわからない軽い嫉妬と羨望、複雑な感情が甘酸っぱい思い出として懐かしくよみがえります。


痩せようというもくろみははるか彼方へ。
「腹が減っては戦は出来ぬ」と都合のいい良い訳で今日もガッツリ食べる私です。
でも、ヒトのおなかを満たしてから、最後に自分が食べるようになりました。
バナナをこっそり食べるYちゃんの姿がまぶたに焼き付いているから。


| hiina | 10:39 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box