カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2019 - 06  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.096217秒


記録は記憶
皆様、こんにちは。

突然ですが、私はアスリートが好きです。
なぜなら彼らが持つあの究極のストイックさ、一流であればあるほど自分に厳しい卓越した精神力にとても惹かれます。自分の精神を調整できる能力。甘い誘惑にすぐに負けてしまう私にとっては尊敬の念しかありません。

その中で大好きなアスリートの一人、ずっとプロ野球で活躍されていた桑田真澄さんが引退を決められました。

彼がPL学園高校球児でメディアから注目の的だったころ、ちょうど私の母校も野球が強く、一緒に甲子園に出場しました。
母校が出場する直前の試合がPL学園で、ブルペンでキャッチボールをしている桑田さんの姿に友達ときゃあきゃあ言ったものです。

今後の身の振り方が注目されているところですが、とても良い指導者になられることでしょう。
先日のテレビで、「日本のプロ野球全体のために尽力したい」「アメリカでプレーしていると悲しい場面をよく目にした。それは、選手たちがバッドをへし折ったり、グローブを投げつけたり上に座ったり。スポーツでも何でも大切なことはまず物を大切にする心であり、そういう基本的なことから教える環境を整えたい」とのこと。
う~む。

ふつーに暮らしてふつーに死んでいったら人はなにも残せないと思うんですよね。
人が生きた証というのは記録(レコード)や作品を生み出すしかないのです。
誰かの記憶に残るとすれば親族や親しい友人などだけ。時々こんな田舎にわざわざ超ミニスカートでやってくるオネエチャンを生涯覚えてるか、といえばみんな一時の話題にはするけど・・・ね。
記録はアカの他人にも「感動」という極上のプレゼントをくれる。小説や詩、影響を受けた楽曲などはそのときの情景・匂いに出会うたびずっと心を震わせる。

そういうものですね。
ちなみに男の人は特に「足跡」を残したがりますよね。それは習性とでもいうのでしょうか?笑
ウチのダーリンもそうです。自分ちの利益より、いかに地域のために何かを成し遂げるか、
コレに必死でわたくしは付き添うのが大変なのですよ~。ははは。でも、理解もし、尊敬もしております。
こんなわたしでも、特異な境遇に恵まれたせいか、桑田さんのように基本に立ち返って気がつくことが人よりか少しばかり多くある!

今の時代、あかんやろ、って言える人ってどれぐらいいるのだろ。親と子の関係も希薄すぎて悲しい事件が後をたたない。
「そんなんあかんで」って暖かく厳しく言ってあげたらもっともっと助かる人がたくさんいるんちゃうかな。
私はおかみよりひととして生きたい。
ここに書くこと、それが私の残せるレコードかな、そう思います。


| hiina | 21:46 | comments (x) | trackback (x) | 徒然なる思い |
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。

ひいなの湯ホームページはこちらのバナーをクリック☆


若女将の日和見日記 2007年11/3以前はこちら

 ↑ひいなの湯公式ホーム
 ページはこちらから!

2007.11/13以前はこちら
和歌山加太の旅館、淡嶋温泉大阪屋ひいなの湯。夕陽の眺めが美しい露天風呂と新鮮な魚料理をお楽しみいただけます。
新着情報
COMMENTS
Search Box