カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2024 - 06  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 2.44632秒


センスの違い・・・
先日久しぶりに雑誌の有料掲載を決めました。じゃらんの4月号です。その時に少し面白い傾向に出くわしたのでご紹介します。

当館にとっても久しぶりの有料広告。いつにも増してない頭を絞って力を入れました。大事な要素の一つに画像のインパクトがあると考えます。当館のセールスポイントは何よりも温泉です。この温泉を以下にPR出来るか。これは長年の課題であり永遠のテーマでもあります。

料理と違って写真で見ても泉質の良さまでは中々伝わりません。ましてやどんなテレビや雑誌を見ても至る所で「ツルツル」「スベスベ」なんて表現が良く使われます。勿論本当に「ツルツルスベスベ」の所もあるのですが反面そうでない所でも同じ表現が使われているように感じます。だから個人的にはこの表現にはいまいち説得力がないように感じています。

じゃあ他にどんな表現があるんだろう???これが長年の課題であり永遠のテーマなんです。何かいい表現ないですかねぇ?この場を借りて緊急募集いたします(^^)

さてそんなこんなで当館が雑誌に掲載する際、一番目立つ所(看板の画像)には常にお風呂の画像を選択します。お料理やお部屋ではなくとにかくお風呂のアピールです。そこで以下二つの写真がありますので見比べてみてください。


お風呂、しかも設備ではなく泉質が自慢の当館にとってようやく辿り着いた温泉をPRするカットです。お風呂全体よりも湯船にお湯が注がれるポイントに注目してみました。因みにこれは露天風呂です。


昨年デジカメを買い換えて最初に撮ったカットです。大浴場の写真なのですが、今まで中々写らなかった目の前の海が綺麗に撮れました。これだとオーシャンビューという事が一目瞭然でしょ。季節によって見えない時もありますがお風呂に浸かりながらの夕日はまた格別ですよ♪

実は今回上の写真のどちらをメインに据えようかかなり悩みました。近年はずっと露天風呂のほうの画像を使っていたのですが、最近は大浴場の画像が気に入ってよく利用しています。さて今回はどっちにしようか・・・。

嫁や担当者のEさん始め何人かリサーチしてみた結果、一つの結論に達しました。それは・・・。

男性は大浴場の写真、女性は露天風呂の写真を好むという事です。ん~なるほど。今まではリサーチする事もなく独断で決めていたので正直ここまで綺麗に好みが分かれたのは意外でした。悩んだ挙句結局今回は女性陣の意見を尊重してみました。何事にもやはりリサーチは大切ですね。

| tubakiro | 21:28 | comments (x) | trackback (x) | 若(?)の気まぐれ日記 |