カレンダー
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 01  >>
ログイン
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 5.471859秒


何年経っても、あたらし屋
こんにちは!!今日は若旦那です。

 ブログを書こうとパソコンの前に座ったのですが、
何を書いていいのかすごく悩みますね。

今日は「あたらし屋」って何故「あたらし屋」という屋号なのか
書きたいと思います。

あたらし屋の創業年代は明確ではありませんが、2代目利光新太郎という方の
「新」をとって「新屋(あたらしや)」という宿名にしたと聞いております。

今でも加太では昔の家主の名前でよく呼びます。
他には「平左衛門(へいざえもん)」「助一(すけいち)」
「井田半(いだはん)」等があります。
 それで利光新太郎さんがしている宿と
いうことで「新屋」と加太の人が呼んだことがはじまりだそうです。

それから何年か過ぎ、私の祖父が「あたらし屋」と読む人や「しん屋」と読む人が
いたため、誰でもわかるようにひらがなで「あたらし屋」と屋号を変えたそうです。

第二次大戦中は友ヶ島が海軍基地であったため、あたらし屋は
友ヶ島基地との連絡所でよく海軍の人達が出入りをしていたそうです。

 何年か前に当時友ヶ島基地で働いていた人の講演を聞く機会がありました。
講演が終わり、その方とお話をしたとき「ワシらはほんまにあたらし屋に世話になったんや~、娘さん(祖母)は
元気にしてるか?」と聞かれたとき、なぜか感動したのを今でも忘れません。

「何年経っても、あたらし屋」 いつまででも愛される宿を目指し、私は屋号を絶対かえたりしません。


| あたらし屋 | 23:44 | comments (5259) | trackback (2166) | 若の彩日記 |
女将と愉快な仲間達!!
こんにちは!若女将です。

今の加太は海風が強く外では「ピューピュー」と吹いております。
そんな中先日珍しい動物が加太にやってきました。

「サル出たんやが~」と外に出ていた女将さんが慌てて戻ってきて
私に「ごいしゃれませやが、ごいしゃれませやが」と何回も言ってました。

≪ごいしゃれませとは加太弁で、どこかにいってほしいという意味です≫

犬はもちろん動物を大変苦手とする女将さんさんは、サルが現れた
ことに顔が真っ青!!何か悪さをすると思ったのか
女将さんは慌てて保健所に電話していましたが、何も悪い事して
いなのに捕まえられないとあっさり拒否されてました。W

1人でサルと睨めっこしている女将さんをもはや誰も止めることが
できません。サルもあきらめたのか、ごいしゃれませと思ったのか自ら山に
戻っていきました。

勝ち誇った女将さんはその夜、「去る(サル)者は追わず」と勝利の美酒を浴びておりました。


| あたらし屋 | 16:52 | comments (x) | trackback (x) | 若の彩日記 |
ホームページリニューアル致しました。
いらっしゃいませ!あたらし屋 若女将でございます。
この度ホームページをリニューアル致しました。
是非覗いていってやってください。

あッ!!そうそう、当館のHPに「若女将の嫁姑戦争日記」
とありますが、決してお義母様である女将とは仲が悪いわけでは
ございません。元気がありお客様を楽しませ、またキビキビと動く
女将は私にとってすごい尊敬できる存在であります。普段でも
大変仲が良く色々なことを話します。
そんな女将さんよりも、もっともっとお客様に楽しんでいって
もらえる旅館を、そして何よりもこの女将さんを超えれるように日々頑張るという意味も
込めてこういうタイトルにいたしました。(実際タイトルはおもしろがって主人がつけたのですが・・・・)
是非当館HP、和人の宿のHPを見にきてくださった際には是非このブログも少し覗いていってやって
ください。
また新年会、忘年会のご予約も現在承っております。是非当館自慢の新鮮ピチピチ活魚をお召し上がりくださいませ。
加太の名物女将、スタッフ一同心よりお待ちしております。


| あたらし屋 | 15:01 | comments (x) | trackback (x) | 若の彩日記 |